尾瀬のバスツアーについて

 尾瀬は、群馬県と福島県にまたがる日本を代表する高層湿原です。


尾瀬は標高がかなり高い場所にあるので、東京よりも涼しく観光シーズンにはとても賑わいをみせます。

バスツアーも多く設定されており、尾瀬の資料館や観光センターのほか、湿原散策に多くの人々が訪れています。
一般的に、バスツアーで行くときには5月から10月までの間に設定されています。
冬期間については訪れることはできなくなっていますので、観光シーズンに申し込むことが一般的と言えます。

人気の観光地だけあって例年大型連休の時期には混みあいますので、なるべく早めの申し込みを心掛けておくようにしましょう。

バスツアーでは、日帰りツアーと泊りがけのツアーの2種類から申し込むことができるようになっています。
初めて訪れるには、朝に東京を出発して散策できるツアーを申し込むのがおすすめです。

All Aboutの情報が欲しい方必見です。

また、じっくりと散策したいという人には泊りがけのツアーがおすすめといえます。
泊りがけのツアーの場合、起点については鳩待峠と大清水の2種類から申し込みができます。
鳩待峠からは尾瀬ヶ原へは最短コースで到着することができます。



また、夜発の場合は時期にもよりますが至仏山へも登ることができるツアーもあります。
ただ、至仏山に上るコースは本格的に登山するコースですので、ハイキングにある程度慣れている人向けといえるでしょう。もう一つの大清水から歩くコースでは、尾瀬沼が最も近いです。また大清水コースの場合は日帰りでも充分に散策することができます。

本当に役に立つバスツアーのいろいろな情報を集めました。