尾瀬の日帰りハイキングコースについて

 尾瀬を楽しむにあたっては、日帰りのモデルコースを利用してハイキングを行うコースがありますので初心者の人はそちらを利用するのが便利といえす。


尾瀬ハイキングの日帰りモデルコースとしては、まず起点となる鳩待峠を出発して山ノ鼻へと行きます。それから、牛首分岐、研究見本園を散策して山ノ鼻へと戻ってきて鳩待峠まで戻るコースがおすすめです。

走行距離は12キロほどであり、山ノ鼻では休憩できるスペースなどがありますのでのんびりと散策するには向いているコースといえます。

このコースは、家族連れでも十分に楽しめるコースです。

また、歩くにあたって難易度が難しいわけではありません。

そして、湿原の景色と水芭蕉などの植物を楽しむことができるコースでもあります。
それよりももう少し尾瀬を満喫したいという人には、6時間ほどかけてハイキングでめぐることができるモデルコースもあります。

こちらは、山ノ鼻から牛首分岐へ向かうところまでは一緒です。
牛首分岐からさらにヨッピ吊り橋と竜宮十字路を巡るコースとなっています。


基本的には平坦ですので、しっかりと歩くことができる人にはおすすめといえます。


至仏山に登るハイキングコースは、登山客にはおすすめのコースです。
ただ、本格的な山ですのでしっかりとした登山装備を身に着けたうえで登っていくようにします。


また、登山道のルートから外れないようにしておくことも大事です。

バスツアーを理解するには正しい知識が必要です。

7月以降であれば登れます。鳩待峠ではなくもう一つの大清水から出発して尾瀬沼を巡るハイキングコースもあります。

こちらもハイキング感覚で楽しむことができます。



ある程度歩きますが、景色はこちらも良いです。

所要時間は6時間程度ですので、こちらも日帰りでハイキングできます。

最近話題のAll About情報サイトの利用価値をご存知ですか。